​今日は、在日韓国人の方の帰化申請の受付ということで名古屋法務局刈谷支局までやってまいりました。

名古屋法務局刈谷支局帰化申請

この刈谷支局も数年来何度も通っております。

JR刈谷駅から徒歩3分程のところ、税務署やハローワークのある合同庁舎内の5階の総務課が帰化申請の対応窓口となります。

名古屋法務局刈谷支局帰化申請

今回は、受任日(相談に来られお申込み頂いた日)の翌日から数えて38日目での受付です。

弊社が目標とする全案件1ヶ月以内申請は超過してしまいました。

しかし、支局の予約の都合やお客様のスケジュールの都合で超過してしまうこともあります。

今回もその辺がうまくマッチすれば、全然1ヶ月以内で受付に至ったと思います。

名古屋法務局刈谷支局では、帰化の相談は予約制です。

相談日も火、木、金に限られています。木曜日は専門の相談員の方(春日井支局、一宮支局でも相談員をされてる方で、いつもお世話になってます。)がいるのでコマ数が多いです。

今回のケースでは父母及び続柄の認定にあたり、韓国の戸籍書類と日本の戸籍届出書類とで齟齬があったため難しいところもありました。

ただ、普通にやっていれば取れなかったであろう日本の戸籍の届出書が周辺情報を元に取得することが出来たので、事実に即したご本人さんも納得して頂ける形での日本戸籍の編製がされるものと思われます。

帰化申請は日本の戸籍を編製するための作業という側面もあります。

提出書類の半分以上は身分関係を認定する為の書類になります。

資料を適切に収集することが出来なければ、正しい日本の戸籍ができないことにもなりかねません。

そのような心配がないよう、日本の戸籍の編製までしっかり留意している専門家に依頼することをおすすめいたします。