平成27年10月5日以降11月末までの間に、マイナンバーの記載された通知カードが簡易書留で届きます。

届くのは、「住民票に記載された住所」です。

住民票の住所を移すのを忘れている方については、住民票に記載されている住所に発送されてしまいます。

住民票に記載された住所の市町村役場から簡易書留が発送されますが、その住所に住んでいないので、居所不明で市町村役場に戻されます。

市町村役場としては、連絡先が不明なのですから、通知カードが居所不明で役所に戻ったことを本人に連絡することもできません。

その時の扱いは、平成27年9月現在、まだ決まっていないそうです。

住民票の住所が以前のままの方は、まずは以前住んでいた市町村役場に電話をかけて取扱を確認して下さい。

どうしても住民票を現住所に移せない、やむをえない理由がある方も、市町村役場に相談して下さい。

住所については、住民票のほかにも気をつけないといけないものがあります。

運転免許証の住所です。

運転免許証の住所が現住所と違う場合、本人確認が出来ません。

現住所に移していない方は、急いで警察に行き運転免許証を書き換えてもらってください。

外国籍の方で運転免許証をお持ちでない方は、在留カードまたは特別永住者証明書で本人確認をすることになります。

在留カードまたは特別永住者証明書の住所が現在の住所と合っているか、ご確認ください。

さて、通知カードは簡易書留で届きますが、日中受け取れる方ばかりではありません。

仕事や外出で受け取れなかった場合はどうなるかと言いますと、不在票が入ります。

その不在票と本人確認の書類、印鑑をもって1週間以内に郵便局に取りに行ってください。