会社にお勤めの方は、12月払いか1月払いの給料明細と一緒に、「源泉徴収票」も受け取ると思います。

源泉徴収票には、年末調整の終わった後、つまり12月払いの給料計算が終わった後に、1年分の給料・天引きした所得税額や社会保険料額を計算した結果が載っています。
「もらったけど、そのまま保管してるよ」という方が多いと思います。

マイナンバー制度の施行に合わせて、源泉徴収票がどうなるのか、ご紹介します。

1.源泉徴収票って何に使うの?

そもそも、なんで源泉徴収票が配られるのか?
源泉徴収票は、会社がきちんと年末調整してますよ、天引きした所得税や社会保険料もちゃんと載せてますよ、という証拠書類です。
だから、その金額が自分が天引きされている額と合っているか確認してもらうために、会社が配るのです。

そして、それ以外に使うことがある方もいらっしゃいます。

(1)住宅ローンを組もうとしている方
銀行で住宅ローンを組む方は、審査のため提出するように言われます。

(2)年内に退職し、再就職した方
再就職した会社が年末調整する際に必要なので、「前の会社を退職する際にもらった源泉徴収票を出してください」と言われます。

退職した従業員に対しては、1ヶ月以内に源泉徴収票を発行しなくてはいけないことになっています。
退職して数か月経っても源泉徴収票が送られてこない場合は、「今の会社の年末調整に必要なので、源泉徴収票を送ってください」と前の会社へ連絡した方がいいですよ。

(3)自分で確定申告をする方
年末調整計算された後で、医療費控除や寄付金控除等で確定申告する際に、源泉徴収票を添付します。
また、年の途中で退職し年末まで再就職されなかった方は年末調整計算されていませんので、源泉徴収票を添付して確定申告する必要があります。

※役員で150万円超の役員報酬等をもらっている方、従業員で500万円超の給料等をもらっている方などは、会社が税務署へ提出します。

2.源泉徴収票にマイナンバーも載るの?

税務署用、市役所提出用にはマイナンバーが記載されます。

ただし、本人に配られる源泉徴収票には載りません。紛失や郵便事故等による情報漏えいを防ぐため、とのことです。

3.いつから載るの?

平成28年分の源泉徴収票から載ります。
(ただし、本人交付用には載りません)

平成28年1月1日以降、退社する際に作成される源泉徴収票にはマイナンバーが載ります。
本人交付用には載りませんが、税務署に提出しなければならない方(上記1の※に該当する方)については、会社は税務署提出用の源泉徴収票にはマイナンバーを記載しなければいけません。

来月以降退社する予定のある方は、退社までに会社にマイナンバーを伝える必要があります。

4.名前は本名?通名?

源泉徴収票は、国内に住所又は1年以上居所を有する外国籍の方にも配られます。

この場合、氏名欄に書かれる氏名は本名か、通名かということですが…

会社に通名のみが届け出てあれば、通名が載ります。
本名を知っている場合は本名と通名、両方書いてほしいというのが税務署に問い合わせた結果でした。

なお、源泉徴収票の摘要欄には扶養家族の名前も載ります。
ここも、会社へ提出する扶養控除等申告書に通名のみを書いてあれば、通名が載ることになります。